心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法.2

マクロビの力で「慢性疲労症候群」という辛い病気から脱出されたアヤコさん。

マクロビレストランでお話をした時も、
ハンバーグはどうやってお肉抜きで作るのか、とか、
マクロビスイーツとは何か、マクロビはお金がかかるので・・・とか、
表も裏も酸いも甘いも(?)知り尽くした、櫻田から見ると、マクロビ先生!

現在もマクロビを継続されているのだろうと思いきや、
実は・・・というお話にびっくり、そして納得!の第二話です☆

ayako-san2

ほんとにね、このエッグセレントのナチュラルな雰囲気にピッタリのアヤコさん。
白いスカート、コットンのナチュラルなトップスが似合う・・・
・・・男に生まれていたら、こんな奥さんが欲しかった!←こんなことを書いてアヤコさんを困らせないように

eggcellent エッグセレント@六本木

アヤコさん

東京都在住
30代

心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法
<1> <2> <3>


結婚して情緒的に安定〜マクロビから糖質制限へ〜

やっぱり精神的な支えを持つことって大きいですね。
昨年結婚して、今はすごく安定しています。
分かるそれー!
自分が必要としている人に、必要とされていることって、すごく大きい。
夫とつきあい始めて少し経ったくらいに、糖質制限という食事法を人に薦められました。
ちょうどマクロビオティックを初めて10年くらい経つ頃でしたが、
「寝たきりよりの頃よりは元気だけど、人よりもずっと体力がない」という感じが続いていて。
糖質制限を試してみたら、当時付き合っていた夫もびっくりするくらいに、
どんどん体力がついて、元気になりました。
櫻田にとっては、どちらもストイックな食事制限というイメージしかなく・・。
えっと、違いを説明して頂けますか?
マクロビオティックは、食べものの性質を理解して、
バランスよく食べることで自分をマネジメントしましょう、という食べ方だと私は考えています。

人は食べるものから出来ている。だから、食べるものを変えることで自分の身体が変わる。
さらには精神的な状態も変わっていくと考えられています。
具体的には、玄米などの全粒穀物をしっかりと食べて、野菜が中心。
普段は動物性食品(肉、魚、卵、乳製品)やお砂糖を出来るだけ避けるのが基本です。



糖質制限は、もっともっと現実的な?話で、ざっくり言えば糖分を減らし、
たんぱく質を増やしましょうという食事法。炭水化物を減らし、お肉や卵をしっかり食べます。
糖分を取らなければ血糖値は上がらない。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが働くんですが、
インスリンが出ると脂肪が蓄えられてしまうんです。

詳しく説明すると長くなってしまうので省きますが、
糖質制限を続けていると、脂肪が燃焼しやすい身体に変わっていきます。

私は血糖値のコントロールに問題があるので、糖質制限が効くかも、と思って始めました。
それまで10年間食べなかった肉や卵をしっかり食べるようになって、
疲れにくくなったり体力がついたりして、
職場の人からも「最近すごく元気になったね」と声をかけられるほどでした。

野菜だけの生活をやりすぎていたのかなって反省しました。
もちろんマクロビオティックを通して野菜が大好きになっていたので、
野菜もたくさん食べていますが。

マクロビってすごくストイックなイメージで・・

例えば、マクロビって、野菜を千切りする時、ななめに切るんですよ。
なぜなら、例えば人参の上の方と下の方では性質が違うので、
斜めに切ることでなるべくそのどちらもとりましょうって。

ayako-san3
1週間で1本食べれば同じじゃん・・・誤差と思ってしまう。
今思えばほんとそうなんですが(笑)

マクロビをけっこう真剣に10年続けてきて、「あれ?」と思うことがときどきありました。
自分も含めてなんだかあんまり「元気!」という感じがしない人がいたり、
「これが正しいんだ」ってやり方にこだわりすぎて、
他のやり方に対して頑固になってしまったり。
そういうときには周囲ともなんだかうまく馴染めなかったり…(経験談)。

もちろん、楽しくって身体にあっているので続けている人もいると思います。
ただ、マクロビを実践している友人には「糖質制限でこんなによくなったよ!」
という話をしづらいときもときどきあります。
櫻田は「ストイックな感じの食事制限」で超ひとくくりにしてるけど、
実際は全然違うし、そんな、微妙な関係もあるのね(笑)なんだろう、マクロビって言うと、
スピリチュアルの入り口っぽいイメージがあるんです。
なんかこの、知り合いが持っていた万物の波動を測る機械!とか・・・
うーん、それは師事する先生によってだいぶ違うと思います。
波動は必須ではないのね(笑)
結び付けている人もいるけど…本来そういうものではなく、「食事法」です。
ただ私見なのですが、ベジタリアンで野菜ばかり食べていると、
いろいろなものに対してとても敏感になる気がします。

スクリーンショット 2015-08-04 13.48.19
あの人怒ってそうだなとか、この人悲しいんだなとか、。
この人の近くにいると腰が痛いと思っていたら、その方が腰痛だったとか。

もともと身体も弱かった上に、そういった刺激に敏感に反応し過ぎてしまい、
すごく生きにくい体質になっていたと思うんです。

筋肉が必要なんですよ、人間って。

筋肉のある人は現実的な考え方をする気がします。
主人は筋肉もあって、体力もあって。
身体がしっかりしていると、精神的にも地に足が着く。
そういうのって大切だと思うんです。

また、筋肉が付くというのは、代謝が上手くいっているということだから、
筋肉を付けることができるような身体を目指さないといけないですね。
代謝か・・・これも勉強したいキーワードですね。




 

「10年間食べなかった肉や卵」だとっ!?
改めて、そのマクロビのストイックさにびっくりしてしまいます。
そして、それは身体だけではなく、心身全体に影響を与えて行くものなのですね。

マクロビと糖質制限とどちらがいいのかなんて、
単純に比較することはできないけれど、
とにかく砂糖(=お菓子)減らさなきゃな、と思う、低レベルな櫻田こずえ。
食べ物と心身の関係、考えて行きたいと思います。

次回は「血糖値」の分かりやすい簡単解説を頂いたり、
アヤコさんの「整体」履歴も伺って参ります!

心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法
<1> <2> <3>