心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法.3

前回までは主に食事法についてお伺いしましたが、
今回は食事以外の取り組みについても伺って参ります。

真摯にご自身の身体と向き合い、対話しながら身体づくりをされる、
アヤコさんのお話は、今回が最終章です!

ayako-san1

インタビューは、いつものEggcellent六本木店にて。
http://taberu.sakuradakozue.com/eggcellent7/
20150513lunch

アヤコさん

東京都在住
30代

心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法
<1> <2> <3>


整体に通っていました

アヤコさんはいろいろと整体に通われたんですよね。
ところで、整体とかカイロとか、よく分類が分からないんですが・・・
整体が大カテゴリー名です。
その下に、カイロ、カイロプラクティック、オステオパシー、各種マッサージがあります。

でもね、整体に行かなくてもできることはいっぱいあると思います。
日頃の習慣、ちょっとしたクセが、身体を歪めますし、
それを直すだけでも、大きく違って来ますよ。
ぐさぐさっ!
まずはアヤコさんがこれまで通っていらした整体について教えて下さい。

オステオパシー

カイロプラクティックも兼ねているサロンで受けました。

筋肉の周りをつつんでいる筋膜という部分の緊張を取る手技です。
こわばっている身体をリラックスさせる。

ほぐすのではなくて、力任せでもなくて、
同じ場所に、同じ力を均一にかけていると、
反作用でふっと「ほどける」瞬間があるのですが、
それを利用して身体をほぐしていくのが、オステオパシーです。

頭蓋骨をずーっとある一定の力で押していると、
あるとき、ふっと緩むんです。骨が動くような感じが自分でも分かるんですよ。
意識がふわーっととろけていくうちに、「ふんがっ」て、鼻が鳴って。
それが緊張のほぐれたスイッチらしいんですが笑、
身体が弛緩しきっていて動かない!ってなるんです。

半年間くらい、月に2回のペースで通っていました。
一番の目的は、猫背を直したくて、それも直りました。
ふんがっ(笑)!ってやってみたい!!!
整体の他、アヤコさんが実践された健康法を教えて下さい。

ひじ回し

「ひじ回し」という本があって、これのお陰で明らかに姿勢がよくなりました。
鎖骨がない人に鎖骨ができる!とあって、本当に鎖骨ができたんです。
顔も頭も、身体全体歪んでいるので、
いつか矯正したいと思っています。

巻肩

ん?巻肩って何ですか?

おぉっ!櫻田も巻肩だわっ!

これを治すのに一番良かったのは、以下の方法です。
リンパを流す運動をされている先生が提唱されていて。

1. 手を横にだらんと垂らす。
2. 腕全体を外にひねる。
3. 肘から下の手だけを内側に戻す。
これ、櫻田毎日実行してます。朝一番でパソコンに向かう時とか!
すごくいいです。正しいポジションをいつでも再現できるって、スゴイ!

舌を上に付ける

宗廣先生の本読んでから直しました。
鍼灸の先生も「舌を上に付けなさい」と仰っていました。

「あなたは病気の目をしている。
舌を上につけたら焦点が合いやすくなりますよ」

でも、こういった本には書いてあることは正しいのに、
舌で頭蓋骨を支えることが、世界を支えて来たとか、
宗教っぽい飛躍的な表現が入ってしまうのが残念です・・。
そうなんですよね、なんでそこまで飛んじゃうんだろう?
っていう、良く分からない飛躍がある。
でも大切なこと、良いことが書いてあるので、
いいところだけをかすめ取って行きます(笑)

そう、舌を上につけると歯並びが良くなるんですよね。
正中が出る。小さい時に、ズレたままだったので。
アヤコさんも舌が下がってたってことですよね?
そうです。だいたいいつも舌が上になって来たな。
っていうのは、取り組み始めて半年ほど経った時です。
半年で本当に舌は上、が習慣化されることが可能なんですね!
最初、舌を上につけて鏡を見てみたら顔がおかしくなったんですよ。
顔の肉が変に寄る感じで、シワができるというか、歪むというか。

でも、そのうち舌を上につけても、顔に変化がなくなりました。
使ってなかった形に筋肉を使って、不自然になってたんですよね。

半年して、それが不自然にならなくなった。
むしろ、はっきりしたいい顔になる。
宗廣先生の本にある通りなんですね〜♪
ずっと続ければ、もっと口角上がってくると思うんです。
続けますっ!

冷えとり靴下

5本指の靴下を、シルク・木綿と重ねて行く冷えとりです。


櫻田もやってましたっ!
でも、どんどん履く靴下の枚数が増えるし、効果もよく分からないし、
当時なかなかセーブできなかった食欲が落ち着いたかな、という感じはしたのですが、
靴下たくさんが段々面倒になってやめてしまいました。
冷やさないのはいいことだとは思うので、今でも気をつけてはいますけど。
櫻田も今はやってません・・・5本指靴下は愛用していますが。

胃下垂が治った!

あー櫻田も胃下垂治したい!秘訣を教えてーーっ!
治った要因の一つは、食事がおだやかになったことで、
胃が丈夫になったことだと思います。
それから、夜にお腹いっぱいにして寝なくなったということ。
腹八分目・・・真実はツマラナイの法則か!(笑)
満腹にして寝ると、寝ている間に胃が伸びるらしいんです。
昔は満腹じゃないと眠れなかったんですが、
血糖値のコントロールができるようになってからは食欲が落ち着いて、
寝る3時間前は食べない方が気持ちよく感じるようになりました。
私はもともと意思が弱いし、過食傾向もあったのですが。

意志の力というよりは、食事療法を続けていたら、
自然とそういう良い習慣が身に付いて、自然と治ったんだと思います。
腹八分目、寝る3時間前から食べない!ですね。
あぁ、やっぱり当たり前のことこそ大切なんですよねぇ。
なんかこう、10日死ぬ程がまんしたら治る、10万円で治る、
みたいなのに飛びつきがちで・・ついついそういう派手なのに期待しちゃう(笑)

血糖値の乱高下にご注意!〜ミニ血糖値講座〜

血糖値って、普段あまり意識しないと思うんですが…
自分の体調をコントロールする上ですごく大事なんだなと
この10年ちょっとを通して気がつきました。

低糖質ご飯のお料理を振舞って、それから血糖値についてお話しする、
という一日完結のイベントを、友達を招いてやったこともあります。
すごい!先生だっ!血糖値について簡単に教えてください!
血糖値が高い状態は、実は血管にすごく負担がかかるんです。
血管に炎症が起きて、溶けたりぼろぼろになったりして、末梢神経からやられてしまう。
糖尿病末期で手足を切断したり目が見えなくなるのはこの現象のせいです。

また、血糖値が上がり過ぎるたあとはインスリンがどっと出て、血糖値は急降下します。
そうすると眠気や倦怠感が出たり、ひどい場合は動悸やめまいを感じたり、
気絶するように寝てしまったり。
昼食後に眠くなる、という人は血糖値コントロールに不調が出ているサインです。

これを繰り返していると、だんだんと副腎という臓器が疲労してきて、
もっと深刻な体調不良に繋がるケースもあります。

副腎の出すコルチゾールというホルモンにはいくつかの役割があります。

・血糖値をコントロールする
・炎症をおさえる(ステロイド。アトピーやアレルギーなどと関連が強いとも言われます)
・ストレスに対処する(別名ストレスホルモンとも呼ばれます)

これだけ働きがあると、どれか一つががんばると、他がおろそかになっちゃうんです。
だから、血糖値が激しく上下するような食生活をしていると、
ストレスに対処する能力が落ちてしまったり、炎症が起きてしまったりします。
なるほど分かりやすい!!!
血糖値の急上昇&急降下は、食べ方でコントロールできます。

血糖値の調整が得意とか不得意とか、遺伝などで個人差があるんですが、
私はとても苦手で、昔の体調不良の原因もそこにあると思っています。

現在はかなり落ち着いたので、「糖質制限」と呼べるほど糖分を減らしてはいませんが、
血糖値のコントロールは意識して生活しています。
出かけるときには血糖値が下がりそうになったら食べられるように、おやつを持って行ったり。
ちなみにおやつは、市販のものならSOYJOYのピーナッツ味や、
アーモンドチョコレート味が手に入りやすくておすすめです。


ララバーもいいですか?iherbでいつも買いたくなるんですが。
ララバーは糖質の塊なんですよね・・・。
でも、お砂糖のお菓子よりは吸収がゆるやかだと思うので、
量を調整してとると良いと思います。


なんだそうなのか・・・←情報に踊らされるタイプ
あぁ、アヤコさんに血糖値コントロールについてもっと教えて欲しいな・・・←自分で勉強しろ

 




 

マクロビで心身の健康を取り戻され、
その後はお肉や卵もしっかり食べる糖質制限へ移行されたアヤコさん。
心身の状態が変われば、適切な食事法、健康法、そして目指すゴールも変わって来るんですね。
つまり、最適な食事法、健康法も人それぞれ、と。
自分の身体と向き合い、しっかり把握することが大切なんだな〜と思いました。

ご自身の身体の特性を把握し、コントロールされていらっしゃるアヤコさんに見習わねばっ!

「血糖値・代謝」というのは、これからの櫻田のキーワードになりそうです。
まずは、本で勉強したり、アヤコさんから頂いたアドバイスを実践して、
その結果をこのブログでご報告して参りたいと思います。

アヤコさん、沢山の学びをありがとうございます。
これからも引き続きご指導の程、よろしくお願い致します!←ちゃっかり

 

心身と向き合って生きる★アヤコさんの健康法
<1> <2> <3>