乳がんセルフチェック★6回目

毎月の乳がんセルフチェックは欠かしておりません、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

>乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。
製薬会社ファイザー:乳がんを学ぶーセルフチェックより

だそう。

皆さまもチェックされてますか?

頻繁にやっていると、いつもコリコリしているところとか、分かって来ますよね。

あと、胸を強めに触ることに慣れて不快感が減り、さらに動きに無駄がなくなるので、チェックがスムーズになっていきます。

が、なんだか自己流というか、すぐ適当になるので、この記事を書くついでに、セルフチェックのポイントや注意事項をおさらいしつつ、思ったことや、新しく始めたことを。

pinkribbonn
2016年9月12日:乳がんのセルフチェックを月一のタスクに入れた
2016年10月7日:乳がんセルフチェック★2回目

櫻田こずえのいつものお風呂チェック

最近お風呂から出る前に、少し身体が濡れた状態でオイルをつけ、軽くマッサージしています。肌もツルツルになるしスーパ−保湿できるし、お風呂から出た後にすぐパジャマを着られるし、慌てて保湿しなくていいし、良いこと尽くめです。(タオルにオイルが付くのが唯一の難点)

そのマッサージ中に、ついでに、

・乳頭チェック(つまむ)
・上下、左右、渦巻き、放射状に胸をなでる
・脇の下もついでになでる

をする程度なので、30秒くらいだと思います。

bath #これはお風呂イメージ図で、こんな素敵なお風呂はバッハ家にはありません。

医者でも見つけにくいという乳がんを、素人が自分で気付けるのか?

ということについて、続けるうちに思ったことは、やっぱり「だからやりません、はもったいない。」です。

・習慣になってしまえば、お風呂で身体を洗いながらでき、余計な時間の捻出は不要
(正式には寝っころがってやるチェックもあるのですが、それも寝る前にちょちょっとやればOK←やってないクセに)

・5回も続ければ「いつもの自分の胸」が分かるようになる

・何か「いつもの自分の胸に」に無いものができれば、それに気付く可能性は素人でも上がりそう

そりゃあ、毎月セルフ触診してても進行した乳がんを見落とす可能性は依然ありますが、もし、それが1%でも低くなるのなら、何せ「時間・お金・手間」がかからないので、やって損はないと思って。

また、生理が終ってすぐ、という、自然に訪れる「トリガー」もあるので、意外と忘れにくくていいですよ。

breastcancer2 #これは、ベッドに寝てお医者さんに触診して頂いているときの櫻田です。

今月から視診も導入してみた

触るだけではなくて、見た目でもチェックできるというので、お風呂に入る前に15秒くらいでチェックしてみました。

両手を上げたりしながら、くぼみやしわ、はれ、肌のひきつれがないか確認するだけで、鼻の毛穴をチェックする時間より圧倒的に短いです。

#当方鼻の毛穴の縮小に命をかけております→毛穴ブログ

視診と触診を合わせても、トータル1分も使っていません。是非毎月のイベントにしてみてくださいませ!

参考にしているサイト

・乳がん全般の基礎知識は
福井県共済会病院:乳房と乳がんの基礎知識

・セルフチェックが分かりやすくて適度に詳しいオススメ
福井県共済会病院:乳がんエトセトラ「カンタン!セルフチェック」

しこりを見つけよう、乳がんを探そう、と思うと何となく気が重いものです。「いつもと変わりがないかな」という気持ちで取り組めば続けられます。さあ、今日からセルフチェックを始めましょう。5秒でも10秒でもかまいません。一月に一回は自分の乳房に手をやってみましょう。それが乳がんから身を守る第一歩です。

・難しいことはヌキ、サクッとセルフチェックを知りたい方
ピンクリボン:自己検診の仕方

・ちなみに乳がんについて医学的な知識をもっと知りたい方
江戸川病院:乳がんプラザ