マインドフルネス★ガールズトーク「女性は瞑想に向いていない」

マインドフルネスについてアラサー女子とのトークをご紹介させて下さい。真偽の程は置いといて、なかなか瞑想が深まらない女性同士の愚痴をお楽しみ頂ければ。

サー:アラサーで彼と同棲中女子
フォ:アラフォーの櫻田

二人ともマインドフルネス瞑想の訓練中です。では、どうぞ!

歩いていても瞑想出来る夫・デフォでマインドフルネスな夫

サー:うちは、夫がマインドフルネスにハマってて、いつでもどこでも瞑想できるって言ってる。

#ちなみに夫さんの愛読書

#日本語で出ていた彼の著書。↑は2002年で、まだマインドフルネスが流行る前?
フォ:すごい!瞑想スペシャリストだ!弟子入りしたいよ。

サー:道を歩いていても、瞑想できるんだって。

フォ:そういえばこの前、マインドフルネスって何それおいしいの?な夫に「最寄り駅から家まで歩いている時、何考えてる?」って聞いたら「うーん、何も考えてない、ただ、歩いてるよ。」って。

サー:何それずるいっ!(笑) それ、すでにマインドフルネスの状態じゃない?

フォ:正に私が目指している境地にすでに立っている、それも無意識というか元からというか、ということを知って愕然としたよ・・・何か、私はようやくスタートラインに立ったのに、すでにゴールに夫がいる、みたいな気持ち。悔しいというより、何かもう、そう、愕然。

サー:歩いててもさ、晩ご飯なににしようとか、あそこの店は卵が安いかもとか、洗濯物はいつしようとか、今度の女子会はどこでやろうとか、常に考えてる。

フォ:そうそう、私もーーーーーっ!次ブログ何書こうとか、あの記事はダメだったとか落ち込んだり・・・親に電話しなきゃ、牛乳買わなきゃ、あの上司嫌いだったな・・・とか、時空を越えてあっちこっちに(笑)

サー:そもそも、女性ってマルチタスクなのよね。

女はマルチタスク・男はシングルタスク説

フォ:そうだよね、電話しながら、テレビ見ながら、ゆで卵作ってるみたいな。

サー:そうそう、料理してても、マルチタスクじゃないと進まないじゃない?夫がこの前料理してくれたんだけど、一つが終らないと次に進めないのね。でも、それじゃいつまで経っても料理が終らないのよっ!

フォ:そうそう、もう「そう」ばっかり言ってるさっきから!

女=マルチタスク=瞑想苦手
男=シングルタスク=瞑想得意

なぜ男性はシングルタスクなのか
女性の脳はマルチタスク、男女の脳の作りと得意分野の違いが明らかに

 
フォ:脳科学から考えてきちんとした根拠もないようだし、反論も沢山あるけど、でも、感覚的に頷けるよね。悪く言えば注意散漫で、良く言えばいろんなことに同時に目を配っている、と。

“女性はマルチタスクが得意”本当か?最新調査で否定された脳の性差

脳はどうあれ、マルチタスクを求められてるのよ、我々はっ!←ビールを飲み干す。

マルチタスクな女が瞑想に励むということ

サー:そうそうwww!それだよね。子育てと家事と仕事とか、同時進行で、あらゆるところに気を配っていなきゃ無理だもんね。子供の学校の予定とか、明日トイレットペーパーは足りるかとか、派遣のバイトのこととか「明日どこ」をいつも同時進行で考えてる。

「今ここ」だけじゃ成り立たたないのよっ(笑)

フォ:上手い事言えって誰がいうた(笑) でもそうだよね、そういう能力を鍛えて来たのに、今さら「今ここ」だけに気持ちを向けるとか、なんだか自分の得意なことを否定して、すっごく不得意なことにチャレンジしてる気がする。

サー:うわー、本当のこと言うの止めて・・・向かい風に向かって必死で歩いてる感じ?(笑)

フォ:そうだよ、私たちどこに向かって必死に瞑想してんの?追い風を受けてラクに生きようよ(笑)、もう瞑想なんか止めて、マルチタスクで楽しく生きればいいんじゃない(笑)

サー:あーもう、瞑想やめたやめたっ(笑)

フォ:あ、そういえばあの新しいコスメがさ・・・



と、大爆笑しつつ、話題はあさっての方向へ暴走して行くガールズトークでした。

それでも我々はマインドフルネスを極めるのだ!