「メタ注意」でダメな思考パターンから抜け出す

毎日せっせとマインドフルネス瞑想をしている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今、マインドフルネスブームの立役者?Google出身チャディー・メン・タンの「Serch Inside Yourself」を読んでいるのですが、やっぱりスゴイ。何がスゴイって「分かりやすさと、乗せ上手。」やる気に、させます!←それはふくろう博士

siy1
瞑想について書いている方は、瞑想が上手だったり、その手の宗教について造詣が深かったりする方が多いと思うし、その知識もまた大切なのですが・・・こう、ありがたがって終ってしまう部分がある。

この本だと、「もともと勉強ができる人」に教わるのではなく「最初は偏差値40だったのに75になった人」から、勉強をすると何がいいのか&効率的な勉強のやり方、を教わっている感じです。それも、元Googleプログラマーというだけあって、理路整然で明確で分かりやすい!

まだ読みかけですが、その本の内容と、先週末からジワジワ感じている、マインドフルネス瞑想の効果についてお話しします。

マインドフルネスが鍛える心の能力は、「注意」と「メタ注意」

第2章の「命がかかっているように呼吸をする」より。

「注意」というのは、今ここに注意を向ける、の注意。これは分かりやすい。

「メタ注意」というのは「自分の注意がそれたことを知る」こと。

毎日の瞑想中、「あ、今自分は書きかけのブログのことを考えたな。」と認知する、その客観的な能力のこと。マインドフルネス瞑想は、「注意」することだけでなく、この「メタ注意」ができるように、自分の脳をトレーニングしてくれているのです。

マインドフルネスが今までのどんな自己啓発的なソリューションよりスゴイなと思うのは、それらは「自分で意識し続けないと継続できない」のに対し、マインドフルネスは「自分で意識しなくても脳がそう意識する」よう、瞑想で脳そのものを鍛えてくれること。

さらに、「注意」と「メタ注意」の両方を強くできると、心が次第に集中し、安定するけれど、リラックスした形でそうなる。

mindfullness_met
そうして「リラックスしていて、しかも隙のない状態」になれば、

・穏やかさ
・明瞭さ
・幸せ

という、心の素晴らしい特質が自然に表れてくるそう。いいわそれ。本のサブタイトル通り仕事と人生が飛躍しそうです。

まだそこまでは到達できていないけど・・・でもね、気のせいかもしれないけど・・・

「メタ注意」が鍛えられていることを実感しています

毎回思う「この美容液を使い始めたら、肌が潤うようになった気がするの♪」の「気がする」程度かもしれない。でも、自分の情動を少しずつコントロールできている実感があるんです。

土曜日の朝、GTDをしている時、いつものようにすっきりせず、イライラして焦っている自分がいることに気付きました。イライラして焦る、のではなく、イライラして焦っている自分に気付く、自然に「メタ注意」が機能したんです。

瞑想時、注意がそれても、自分を責めたりせず、また注意を戻すことを繰り返し訓練しているので、そこで、妙に落ち込んだり、嫌になったり、焦ったりして流されなかった。「あ、今ここに注意を注がず、心配事ばかり考えてるな。」って、今ここに集中できていない自分に、自然と違和感を覚えるような、メタ注意センサーが作動して、今目の前の作業に注意を戻していくことができた。

今までだったら、焦っていることばかりに囚われ、不安を増大したストレスを溜め、多分何か食べることに逃げていました、カントリーマアムとかに!


#美味しいんだよねぇ、あっためて食べてもいいよねぇ〜

刺激と反応の間には間隔がある

この本で紹介されていた、「夜と霧」を書いた、ユダヤ人精神科医のヴィクトール・フランクルの言葉。
100分で名著byNHK「夜と霧」

「刺激と反応の間には間隔がある。その間隔に、反応を選ぶ私たちの自由と力がある。私たちの反応の中には、成長と幸せがある。」


ストレスとなる刺激は、それ自体がすなわちストレスではない。その刺激と、自分の反応の間には間隔があり、それをストレスと感じることも、そこに成長や幸せを感じるのも、自分次第だということ。

この言葉は前から知っていて、メモもしていたけれど、素晴らしい!と思っただけで終っていた・・・だって、イヤなことがあったら、イヤだって思っちゃうし、逃避しちゃうもん!←ダメ

ネガティブな事象が起きると、情動的な脳の領域(扁桃体)が活発になり、分別のある思考を損なうそうなのですが、瞑想を続けることで、その脳の領域の暴走をコントロールできるようになるそう。つまり、イヤな事があったとき、「自暴自棄になってカントリーマアムを10個食べちゃえ!」と命令しがちな脳の暴走をコントロールしやすくなるということ!?


#10個一気に食べたことがあります・・・

そこまでまだ全然出来ていませんが、期待のあまり(笑)ますます瞑想を積極的にできるようになりました。

マインドフルネス瞑想で断ち切りたい自分の悪いクセ

まとめると、マインドフルネス瞑想の訓練を積めば、↓こんなネガティブ連鎖が起きなくなるわけです。

・今ここに注意を向けられず、ストレスの原因となるようなことを考え増大させる
・その増大したストレスを受け、分別のある思考を損ない暴走してしまう

櫻田の悪い思考のクセ↓

ストレスを脳内造成しイライラ
→暴食で得られる一時の快楽でそれを解消しようとする
→自己嫌悪

という、お酒やドラッグ依存と同じ、この果てしなくイケてない自分の思考パターンを、断ち切ることができるかもしれない!そんな期待を、このチャディーさんの本を読んでいて思いました。思いっきり乗せられたいと思います♪

 
毎朝(いや、土日によくサボりますが)の瞑想を続け、上手く行っても行かなくても、その状況をレポートして行きたいと思います。