頭を洗いながら生産的な考えごとはできているのか?

日々マインドフルネスに邁進する、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
少しずつ自分を変えていけている実感が、1mmずつだけどしていて、手応えを感じています。

さて、本日は、マインドフルネス瞑想を始めてから、ずっと思っていた葛藤のお話です。

頭を洗いながらぼーっとしているなんて時間がもったいない!

櫻田は、自転車こいだり、体を洗ったり、ご飯食べたり、歯磨きしながら、頭の中で次にやることとか、明日の予定とか、今日のご飯のメニューとか考えています。

有限な時間を単純作業で無駄にするなんて、もったいない!頭をフル回転して、次のアクションを効率的なものにするためにする「準備」として、必要なことだと思っていました。

特に、お風呂に入っている時。

やり残したことがあったり、明日気になることがあったりすると、お風呂を出てからやることとか、何かトラブルを回避するための対策を頭の中で考え、お風呂から出たらすぐ行動に移したり、今日できなかったことをどうにかダンキンシュート by 岡村靖幸 したい。

bath

頭を洗いながら考えることは果たして生産的なのか

ということで、頭を洗いながら何をどれくらい考えていて、その思考はその後の行動や自分の生活、仕事に役立っているか、意識的にチェックしてみることにしました。

2,3回やってみましたが同じ結論・・・その結論から行きますが、

「何一つ生産的な思考はなかった」

です。ほんとに。がっかりっていうか、悲しくも、可笑しくもありました。

・何かやることを見つけても、書きとめられないから忘れる。
・頭を洗うことに気がそがれて思考に集中できないから、思考なんて呼べない。

5分の間に、10個以上、いやもっと沢山のことをあっちふらふらこっちふらふらと考えていて。。そんなぶつ切りの思考で、良い思考ができるワケがない。

さらに、非生産的思考で無駄なだけではなく、ネガティブなインパクトが沢山ありました。

・やることを考えたのにお風呂から出たら忘れていた・・こと自体がストレス
・できていないことを思い出しては、不安になった
・沢山やることがあるんだという、漠然としたプレッシャーを積み上げただけだった

悪い方向にアクセルを踏んでいる状態と言っても過言ではない。

ということで、お風呂で頭を洗いながら考えごとをすることは、大変非生産的だということがクリアになりました。

さあ、今晩から頭を洗っているときは、あれこれ考えるのはやめて、洗っていることに集中しよう。


 

・瞑想の達人の言葉・
「瞑想という発想は好きだったけれど、瞑想の実践はいやだった。」
Search Inside Yourself より

分かるーーーうぅっ!

膝小僧が晴れ上がるくらい膝を打った(と表現したくなる程共感した)、本日の櫻田こずえでした。