2017年もマインドフルネス瞑想を続けます!

1ヶ月も更新をサボっていましたが、乳がんセルフチェックしたり、健康本を読んだりしている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

マインドフルネス瞑想ですが、1週間に1回はサボったり、10分間のうち3分寝てたりと、凸凹ではありますが、どうにか続けております。お正月は2日連続でサボりましたが。

Search Inside Yourself〜朝の瞑想メニューを変えてみた〜

siy1
毎日のルーティーンワークがある、ということは、何か自分の拠り所があるようで、心強いです。

この習慣だけは手放さないようにしたい。

マインドフルネスの成果:「メタ認知」が確実に鍛えられている

「メタ認知」は、自分を客観的に認識する力のようなもの。

イライラしている時、焦っている時、落ち込んでいる時、暴走している時、そんな自分を冷静に見つめられる時間が増えました。今まではゼロに近かったので、この成果はすごく嬉しい。

例えば、イレギュラーな出来事が起きて予定が大幅に変わり、今日やることが全然終らなそうと、焦って気持ちがナーバスになってイライラする、そして、そのイライラを暴走(何かしらヤケになる)することで打ち消そうとする・・・

いや、それが魔法のようになくなったワケではないんですよ。

だけど、そんな自分を冷静に見つめる自分がいて、例えイライラしたままでも、落ち込んだり暴走したりしても、常にそれを認識している自分がいるのが、今までと大きく違う。

無意識で暴走しているのと、認識しつつ暴走しているのでは、大きな差があると感じています。最初から全部いきなり解決!なんてない。ここで自分を責めても始まらない。喜ばしい第一歩。

そして、「できるワケがない」から、「とりあえずニュートラルな気持ちでやってみよう」に思考が変わって来た気がします。思考回路、思考パターン、思考の習慣を自分の力で変えていけているような、そんな感覚も嬉しい変化です。

「◯◯しない!」ではなく、ただ呼吸に、今ここに、意識を誘導する

「ピンクのゾウのことは考えないで下さい。」


って言われたら、余計にピンクのゾウのことが頭から離れなくなっちゃいますよね。

「ネガティブなことは考えるのはやめよう」「余計なこと考えちゃダメ!」「◯◯しない!」と否定形で自分の悪い思考パターンを変えようとするのは、脳みその構造から考えて、かなり無理がある。結局、ネガティブなことや余計なことを、より意識する結果になってしまうから。

でも、考えちゃダメ!じゃなくて、呼吸に意識を誘導する、今やっていることに意識を集中する、だと「◯◯しない!」という否定にはならないから、無理がない。

何か間違ったことをする子供を、頭ごなしに否定するのではなく、違うものに興味を持たせるよう誘導する感じ・・・と表現されてました。(どこか忘れてしまったのだけれど。。。)

もちろんいつでも成功するワケではないけれど、これは毎日の瞑想で鍛えていることなので、少しずつスムーズにできるようになって来ていると思います。

Always there 〜いつもそこにあるから〜

いつも聞いている「Search Inside Yourself」の瞑想用音声の中に、すごく好きなフレーズがあります。

SIYのResourceというページの「Guided Audio Practices Sign up for guided mindfulness practices from SIY faculty」から、こちらに名前を入れてメールアドレスを入れて「Subscribe 」というボタンを押すと、ダウンロードできるページに飛びます。

ダウンロードページには、Meditationが#1〜#6まであります。その#1「Being Present 」というプログラムが毎朝使っているものです。

“You can always come back to the breath. Always there.”

「いつでも呼吸に意識を戻せばいい。いつもそこにあるから。」

いつでもどこでも、最高の瞑想のパートナーが絶対にそこにあるという安心感!

2017年の一年間、毎日10分間の瞑想を続けます!(たまにサボるけど)