歯科矯正の精密検査をとうとう受けて来たよっ【開咬矯正】

仮歯を入れないままいる不良娘←表現古いし42歳だし の櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

仮歯を入れないならばもう行ってしまえーと、腹をくくって、下町チョイ悪オヤジのところに行こうと決心したものの・・・結局くくれてなくて、一番心がときめいた都会の大御所のところへ行きましたよっ。

一件目:六本木イケイケ派→レポ
二件目:二代目おっとり系→レポ
四件目:下町オヤジ人情派→レポ
五件目:都会の大御所系→レポ
六件目:大学付属正当派→レポ

矯正歯科医と患者の信頼関係

何件かまわって、櫻田の歯の現状は、イレギュラーな部分も多いですが、大して難しいものではなさそう(治療のスタンダードがあるっぽい感触)と感じていました。

開咬は基本的には難しいそうですが、そんな「歯科医の腕と経験がーーっ!」「誰がやるかで運命が180度変わるーーっ!」という程でもないな、と。

だからどこの矯正医でもいいだろうってわけじゃないし、定額制で動かしてた後の噛み合わせまで考えないとか、早く終るよっ!って人を集めて、ガンガン歯を動かして、歯の根っこが細く弱くなっちゃったとか、平気であるらしいので、基本的なところでの「技術的な信頼の担保」は必要な気がします。

そういう意味では、以下3つが候補でした。

大学病院:複数の医師が関わる、症例にもなる(拒否もできる)という教育機関としての安心感
下町オヤジ:歯科医の推薦(及び学会での地位、大学講師等の経験、その他ご活躍)
都会の大御所:大御所(及び学会での地位、大学講師等の経験、その他ご活躍)

さらに「矯正ブログ」を読みあさったり、口コミサイトみたいなものも片っ端から読みました。

で、歯科矯正の「失敗」のかなりの割合、ネガティブな口コミも、歯科医と患者の信頼関係の欠如に、その原因を持つものが多いような気がしていました。

ということで「心理的な信頼」を考えました。

大学病院を選ばなかった理由

大学病院に行ったのは、最初はとにかくよく分からなくて心配で「技術的な信頼の担保」なら大学病院だろう!と思ったからです。

でもそれは、ある程度確保されていればOKかなと思うようになった時点で、大学病院にオシがなくなってしまって。



櫻田は企業やブランドに属さず、名前を背負って仕事している方が好きです(歯科医はほとんどそうだが)

熱量が全く違うし、ポリシーとか想いが強くて、座っているだけで何かを発してるような方が多い。(儲けなきゃ!っていう熱量も大きいし、品質のばらつきも多いけど)

その周波数が合う方と出会うと、幸福感すら感じるし、そういう方の売っているモノやサービスを心レベルで信頼することができる。

我々素人は、売られているモノやサービスについて、それが本当に良いかどうか、科学的に客観的に正しく判断するのって、もう不可能に近いと思うからこそ「提供している人」に対して何をどう感じるかが大切だと思っています。

それはある程度の情報と・・・会った時の周波数、ピンと来るかとか、生き方とか、オーラとか、何か運命的なものとか、そういう類いのもの。

そういうものを、大学病院では「普通レベルに」下町オヤジと大御所には「より強く」感じられたのです。



この「人」なら、心から信頼して協力、治療を受け、常にポジティブに治療に向き合うことができる、と感じました。

それって、矯正が成功する、最も大切な要素の一つだろうと思っています。

#もちろん、大学病院の持つ要素にこそ、心理的な信頼感を感じられるという方もいらっしゃると思うので、あくまで櫻田は、ですが。

なぜ下町チョイ悪オヤジではなくて都会の大御所にしたのか

下町オヤジも好きでした。サバサバした物言いとか、経験に裏付けられた自信とか、不利なことも言うところとか、信頼できると感じました。

また、学会での地位や、海外での経験等、素人的に「すげー」と思ったり。(クラシックのコンサートのパンフレットで、演奏者紹介の細かい字で書かれた、受賞歴どこで学んで誰に師事した歴…、が長ければ長いほど「なんかスゴイ」とありがたがるタイプ)

多分、大御所のところに行っていなかったら、ここに決めたと思います。でも、

>お話しし始めて1分で「あ、この方は信頼できる種類の人だ。」と心レベルで感じました。(大御所のレポより)

いやなんかもうスピリチュアルな感じなんですけど、この気持は無視しちゃいけないと思い直したんです。

「お金のことを考えなかったら、一発で大御所にしましたね?」

「はい(即答)」

「ならば大御所のところへ行きなさい」(お前誰だよ)

大企業に勤めるリーマンと結婚しようと思ったけど、夢を追いかけるフリーターに運命を感じちゃったみたいな←それはダメなやつ

さらにですね、ちょうど都合が良い日に空いてなかったんですよ、下町オヤジのところが!
初診料 検査 総額 学会等
六本木 0円 3万 98万 認定医
二代目 3,240円 6万 100万 専門医
下町オヤジ 0円 3万 95万 偉い
大御所 10,000円 5万 140万 偉い
大学病院 3,240円 5万 95万 指導医
認定医
 

#ちょっと金額に訂正入りました。項目も変えてみました。



今回は写真、レントゲン、型取り、CT撮影等しましたので、約一週間後に治療方針を伺う予定です!(全部で5万円)

それにしても、横顔レントゲン写真、口元イケてなかった・・・いやだからこそ、どこまで美しくなるのか、楽しみだわーーー♪

あ、でも、やっぱり200万かかりますって言われたらどうしよう(笑)←いや笑い事じゃない



蛇足ですが、下町オヤジのところは、受付のお姉さんが苦手なタイプだったのですが、大御所の受付のお姉さんやレントゲンやCT撮って下さった方は好きなタイプの方で、長い矯正期間を考えるとかなり嬉しかったです。

なんだかワクワクして来ましたが、抜歯怖いよ・・・。