櫻田こずえの健康ノート〜開咬矯正・姿勢・睡眠・筋トレ・食事〜

2018年改めて座禅を始めました 〜再びマインドフルネス〜

   

昨年2017年の気持的な「底辺」は、実はこの時だったなと、振り返って思う、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

【2017/8/29】人生3度目の座禅〜感じる壁は何の壁?〜
#「それほどでもない」と書いて、誤摩化そうとしていたな自分・・・。

やることなすこと上手くいかなくて、上手くいかないことばかりずっと考えて、心配して、後悔して、煮詰まって、リカバーしようとした言動がまた失敗を招き、傷を深めていって苦しくて・・・と、ドツボにハマっていました。

つらくて苦しくて、どうしたらそこから抜け出せるのか、分からなかった。

座禅に救いを求めて「余計なことを考えないように」すればするほど、嫌な事ばかり考えてしまい、座禅が嫌いになってしまいました。

そんなドツボから抜け出すきっかけは、思わぬところからやって来ました。

座禅より猛勉強?

座禅から心が遠のき始めた頃、ちょうど、NR・サプリメントアドバイザーの試験勉強が迫って来て、座禅やってる場合じゃないわ、勉強だわさ!と、座禅と交代するような形に。

短期的なゴールのある差し迫った勉強が、ある種のトランス状態にさせてくれて、脳が余計なことにクヨクヨ悩んでいるヒマもなくなりました。

ある意味、勉強が座禅のような効果をもたらしてくれたように思いまいます。

仕事や人間関係や自分の心には「正解」はないし、努力しても成果が出るとは限らない。

けれど、試験勉強の「問い」には必ず一つの「正解」があり、勉強すればある程度比例して成果が出る。

勉強をするうちに小さな自信が積み重なって、少しずつ心が回復していきました。

そして、例え試験に落ちたとしても、できることはやったし、確実に学ぶものがあったし、命を取られるワケではないのだから、ひたすら最後までやり切ってみよう!

そんな境地に立てた時、何か霧が晴れるような、清々しい気持になりました。

NR・サプリメントアドバイザー資格★試験終ったーっ!

櫻田は算命学的に「動乱に強い」んですが(路佳流算命学サロン)、追いつめられた試験勉強は正しく「動乱」のような窮地で力を発揮でき、自信を取り戻したことで、状況が好転していったのかもしれません。

 

悩みとか苦しみって、直接対峙すると自己嫌悪でドツボにはまりがちだけど、全然関係のないところで自分の「自信」や「幸福度」を高めると、いつの間にかその悩みが気にならなくなっていて、自然と解決してる現象って何て言えばいいんだろう。

「自信」や「幸せ」なんて実態のないもの。

言ってみれば「気分」だけれど、その「気分」のマイナスとプラスのパワーを実感した2017年後半でした。

今回は偶然プラスに戻せたけど、それを意図的にできないかなって考え始めたら・・・マインドフルネスだよねって。

メタ注意〜俯瞰して「感情」と「自分」を分けて考える〜

試験勉強中に、マインドフルネスの考え方や、座禅は、無駄じゃなかった、むしろ活きてる、と思えたことも良かった。

NR・サプリメントアドバイザー資格★試験一週間を切った!

ちなみに、練習問題を解くと、生化学なんて10問中8問×なんですが、あと一週間なんですが、なんですが、なぜか「受かる」と思っています。

そう思うように決めたからですが、ここに来て、マインドフルネスや瞑想、座禅が役に立っています。

遠回りしたけれど、Search Inside Yourselfの「メタ注意」が少しできるようになると、自分が今イライラしてるな、悲観的だな、焦ってるな、と、「気分」を俯瞰できるようになるのかな。

「メタ注意」でダメな思考パターンから抜け出す

そして、「そう思わないこともできるな」と、自分を俯瞰して、感情と自分をちょっとだけ分けて考えられるようになったから、不安や焦り等の「気分」を扱うのが、少し上手になったんだと思います。

Search Inside Yourself〜刺激と反応の間に空間を〜 

勉強が進まない!と、焦ってストレスを溜めるのも、楽観してできることを一つずつこなして自信にするのも、自分で選べるということに、ようやく実感を持って理解し始めた。

「気分」に振り回されるのではなく「気分」をコントロールすること。

そのことを知っていることと、実際「できる」ことは、もう、天と地ほどの差があるけれど、「あ、今、ネガティブな気分になってるぞ自分」と思えるということは、少なくともスタート地点には立てたかなと思います。

★ 昨晩の例 ★

夜、洗濯物が干し終わらないけど、明日のお弁当の準備もあるし、そうすると寝る時間が遅くなる・・・

1)あーイライラ、眉間にシワがよって、不機嫌になって、集中力が落ちて洗濯もの落とすし、寝付きも悪くなる・・・。

2)あ、イライラし始めたわー自分w イライラしてもしょうがないじゃん、今できることに集中して一つずつやっていくしかない・・・って、分かっててもイライラしとるわー、ほんまアホやわーw

こういうのを自分で自分に実況中継したり、生まれたときからマインドフルネスのバッハ君に解説したりして、メタ注意力を育ててます。

もう、洗濯物干しも、ある種のトレーニングです。今、手に持ったパンツだけに注意を向けるようにするのだ!

考え方のクセだって変えることはできるはず!→やっぱ座禅しよ

 

すぐ焦っちゃうような考え方のクセは、無意識だから変えられないし、だからどう頑張っても気分はコントロールできない・・・今まではここでストップしてました。

しかし、無意識の時の「舌の位置」も、ある程度維持できるようになった、という経験から、考え方のクセ、心の習慣だって、変えられることができると思うようになりました。

開咬(オープンバイト)の悪癖を自力で改善★まずは舌を吸盤化せよ!

そして、Search Inside Yourselfで「神経可塑性」ということを知って、さらに「変えられる」と確信を持ちました。

神経可塑性:私たちが考えたり、したり、注意を払ったりすることが、脳の構造と機能を変えるという考え方

考え方のクセだって変えることはできるはずだ!

自分の感情がネガティブに暴走しそうになった時、心の状況を俯瞰してみれば、ネガティブな感情と自分とは、同一のものではなく、切り離せることに気付く。

>あ、イライラし始めたわー自分w

ネガティブな感情と同化している自分に気付いたら、ゆっくり、その感情から身体を引き離してみる。

「気分」に振り回される自分を俯瞰してみる。

>ほんまアホやわーw

そうやって心のコントロールが少しだけ、ほんの少しだけできるようになったら、ふと座禅をしたくなったんです2018年正月早々。

筋肉がついて来ていることが分かったことが、筋トレを持続するモチベーションになったように、心のコントロールがチョイできてる?と、手応えを感じたら、その訓練をしたくなったのかもしれません。

以前は「15分間、何があっても頑張る!」みたいな「座禅訓練」をしていたけれど、今は10分間のタイマーをつけつつ、やめたくなったらやめる方式にして、毎朝の日課にしています。

去年の夏に感じた壁は「自分で作り上げた壁」だったのだと思います。そこには何の壁もないのに。

再びそうならないための心のトレーニングとして、2018年も再び座禅を習慣にして行きたいと思います。

 - マインドフルネス ,