櫻田こずえの健康ノート

「健康」って何だろう?

乳がんセルフチェック★毎月やって・・いや2ヶ月に1回・・いやサボってました!

   

ここ数ヶ月乳がんセルフチェックをサボっていた櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

皆さまもチェックされてますか?

サボっていることは分かっているのに、気づかないふりしてました・・・なんとなく億劫で、なんとなく忘れてしまう。

今年はやるぜ!

とにかく忘れやすい

2016年9月12日:乳がんのセルフチェックを月一のタスクに入れた

櫻田は生理が終わったと思ったその日に乳がんセルフチェック!(生理後で乳腺の張りが収まると痛みが少ない)と決めているのに、まだ終わらないかなー、あと1日だなーなんて思って先延ばしにしているうちに、すっかり忘れてしまいます。

お風呂でちょっと、寝る前にちょっと、程度なのに、気づくと忘れていて、あーもう、次でいいかなって思ってしまう。

「あ、やべっ、今月やってない!」って思い出した時にやればいいのに、なんとなくあれこれ言い訳して、先延ばしにしてしまいます。

それは多分・・

そもそも乳がんセルフチェックが嫌い!

だからです。。。

胸を強く押さえつけるのって、心理的肉体的に苦痛じゃないですか?

自分で押さえるくらい、マンモの痛みと恐怖に比べたら、全く大したことないんですが・・。

マンモグラフィーを今年も受けて来ました〜高濃度乳房〜

櫻田は手術の写真とか、グロめな画像を見てしまった時の、気持ち悪いような違和感、恐怖感を、感じてしまって、それが苦痛なんです。

身体が拒否してくる感じ。

心が不安でざわつく感じ。

できれば強く押さえたくないし、どうせなら忘れたことにしたい。

そして、医者が触診したって見逃す乳がんを、素人が自分でチェックしたって見つかるわけないし・・・とかやらない理由、正当化をたくさん考えて、いつもなかったことにしてしまってたんですよね。

そして、気づいているのに忘れたことにしてました。

でも、これじゃまずい!

スケジュール帳に書き込んだ

ので、スケジュール帳のマンスリーやることリストにしっかり記入して、必ず達成する!

達成していないことに気づいたら、その日の夜に必ずやる!

と決めました。

櫻田の一年の計はお誕生日でして、先月お誕生日月だったので、タスク管理をバージョンアップしたんです。

その時に「あれ、乳がんチェック、2,3ヶ月サボってない?」となりまして、これはまずいと対策を立てて、そしてもう、毎月のスケジュール帳にあらかじめ全部書き込んでおきました。

こういうの読んで、やる気出そう!

■ ピンクリボン:はじめよう!月に一度のマンマチェックより

乳がん患者さんの約半数が自分で乳房の異変を見つけました。
自分で触って偶然見つかる乳がんのしこりの大きさは2cm以上ですが、
マンマチェックを習慣にすると1cmの大きさにも気付けるようになります。

そうそう、乳がんチェックって毎回「成果」がない=しこりが発見されない(それは幸運なことなのだけれど)ので、「どうせ今月も大丈夫だろう、一回くらい飛ばしたって大丈夫だろう」ってなりがちなんですよね・・・。

■ 乳がんプラザ:乳がんのしこりについて(自己検診)Q&Aより

触診は「専門家が行っても難しいもの」とお話しました。
では、「自己検診」は意味が無いのでしょうか?

自己検診に意味が無いなんてことはありません。それどころか、「乳癌検診」が1年に1回もしくは2年に1回行われている中で、検診と検診の間のチェックはご本人にしかできないのです。

私がいつも、患者さんに「自己検診」について聞かれた際にお話しするのは「自己検診は自分の正常を知ることが重要」という事です。

ということで、今年は「毎月乳がんチェック」が目標の一つです。

 - - 健康診断・検診